藤本多香子のローコスト宅建合格術|口コミ殺到、宅建の勉強法を公開

藤本多香子さんのローコスト宅建合格術とは?


そもそも、宅建の合格ラインってとっても厳しく、独学では非常に厳しいと言われています。
けれど、この宅建を専門学校にも行かず、15%の合格率を一発通過されたのが藤本多香子さん。


このローコスト宅建合格術は、通信講座や、通信教材、専門学校を必要とせず、
なんと問題集2冊とテキスト1冊で難易度の高い宅建を通過するという何ともアクロバティックな内容です。


この話題が一部の宅建受験者のなかで口コミが沸き、加藤実氏と藤本多香子さんのコラボにより、
ついにローコスト宅建合格術マニュアルが公開されました。


肝心の内容・効果は一体どんなものなのか?また宅建に欠かせない勉強方法とは一体何なのか?次に説明しますね。



ローコスト宅建合格術!が少しでも気になる方はこちら



まず、この藤本多香子さんが特別な人かどうかという点についてですが、
まちがいなく一般人である事は確かです。


というのも、普通に考えれば、大抵の試験においては
問題集2冊とテキストがあれば、宅建に関わらず、ある程度の成果はあげられるからです。


私も大学受験の時、予備校には一切行かず、学校の先生が渡すプリントも一切無視。
主要3科目の問題集を1冊ずつ購入し、ずっと同じ問題を解いていました。


分からない個所が出てくれば、テキスト(というか高校の教科書)を引っ張り出し自分で調べる。


実はこれを一年間やっただけで、第一志望の大学に合格しました。


「んなアホな」


と思うかもしれませんが、これが事実です。


というのも、全ての試験に共通して言える事ですが、それは
「過去問の回答を覚えるまで解き続ければ、回答パターンを覚えます」


このパターンを覚える事が非常に重要なのです。
だって、試験の傾向は同じなのですから。


仮に、過去問の傾向がガラっと変わったとしても、それはせいぜい全体の2割か3割が限度です。
それ以上の傾向の変更は、試験の作成者側からしても問題があるからなのでしょう。


予備校や学校というのは、
「過去問は自分で解きなさい
「先生は過去問には載っていない難しい問題の解き方を教えるから」
「合格点ギリギリではなくて、余裕を持って合格しなさい」


といった、試験の合格+αを目指した所しか教えてくれません。
つまり、過去問は各自で解いた上で、更に安全に合格するための勉強法しか教えてくれません


それは宅建然りです。


専門学校に行こうが、通信教育受けようが、基本は同じです。
試験に安全に合格するための部分の問題ばかり扱います。


つまり、過去問といった、合格の80%を占める部分はあまり取り扱わないんですね。
だって、ギリギリを勝負させたら、危ないから。


過去問は自分達で勉強させて、安全に合格させる為の問題を回答する。


けど、実際の受験生たちはこの安全に合格させる為の問題しか勉強していない。
だからいつまで経っても合格しないんです。


ここを踏まえると、今回のローコスト宅建合格術は非常に的を得た勉強法だと思います。
合格に必要なエッセンスのみを抽出した勉強方法だからです。


90日で合格出来るとは書いてありますが、さすがに90日×1時間というのはあれなので、
私は早めに試験勉強には取り組んだ方がいいとだけ言いますが…


ただ、たまたま空いた一時間で勉強するのと
自分で時間を作った一時間で勉強するのでは


90日後の成果は大きく変わる事は間違いありません。


今回の藤本多香子さんのローコスト宅建合格術は、真剣に宅建に受かりたい人、
まじめに受験勉強に取り組めると自信のある方には非常にお勧めです。



さっそくローコスト宅建合格術!を見てみる



ちなみに、上のリンクにあるキャッシュバックですが、
販売元に直接確認しました。どうやらお祝金5000円のキャッシュバック本気のようです。


恐らく、返金保証が付けにくい商材だからこそ、
宅建合格を本気で応援したいからこそのキャッシュバックなのだと思います。


あなたが本気で宅建に勉強するのであれば、私も心の底から応援します。
あなたが宅建に合格する事を、心より応援いたします。



今なら5000円キャッシュバック付き!ローコスト宅建合格術をGETする!